歯科矯正を受けないと起こるリスク

歯科矯正を受けるための決められた年齢はなく、どなたでも受けることが可能です。 個人の受ける条件によって矯正治療の期間や治療費は変化します。 歯科矯正が受けられる条件や歯科矯正を受けるにあたっての金額についてご説明します。 歯科矯正をお考えの方はまず矯正歯科への理解を深めてみてはいかがでしょうか。

メリットについて知ろう

ここでは歯科矯正を行うことのメリットをご紹介します。 歯並びがガタガタなどといったような歯並びの悪い方は、歯磨きがしにくいと感じたことが一度はあるのではないでしょうか。 歯科矯正を行うことで歯並びが良くなり、歯磨きなどがスムーズに行えるようになります。

デメリットはさまざま

歯科矯正を行ううえでのデメリットについて見ていきましょう。 デメリットはご紹介した内容以外にもさまざまなデメリットが存在します。 代表的なデメリットをここではご説明します。 また多くの方は矯正装置を装着したばかりのころは違和感を感じてしまい、ストレスになることがあります。

年齢制限は特にない

歯科矯正をこれまで行われた方も多くいらっしゃると思います。
またこれから歯科矯正をお考えの方も多くいらっしゃると思いますが、歯科矯正はどのような理由で行うのでしょうか。
ここでは歯科矯正を行う理由についてまずはご説明します。

歯科矯正は大人の矯正と子どもの小児矯正では歯科矯正を行う理由が異なってきます。

まず大人の矯正は歯並びを整えるために行われます。
例えば歯がガタガタで見栄えが気になるという方や、歯並びが良くないため食べ物などを食べる際の噛み合わせが上手くできないなどの問題を歯科矯正では解決することができます。
また歯並びが綺麗になることは健康にも良い影響を与えることになります。
次に子どもの矯正は整腸などにも大きな影響を与えます。
子どもは身体が成長すると共に顎なども大きく成長します。
しかし歯並びが悪い場合は、この顎の成長などに支障をきたしてしまい、成長を阻害する原因になってしまいます。
そのため子どもの小児矯正を受けることは成長をスムーズにする効果もあります。

この他にも歯科矯正を受けずに歯並びが悪いままの状態だと、歯磨きがうまく行えず虫歯になりやすいことや、発音やかつ舌が悪くなってしまうなどといった点が共通のデメリットとして挙げられます。
こうしたデメリットを避けるためにも歯科矯正を受けることをオススメします。
ここからは歯科矯正を受けるにあたって歯科矯正が可能な年齢や歯科矯正のメリット、デメリットなどについて詳しくご紹介します。