デメリットはさまざま

ストレスになることがある

次に歯科矯正を受ける際のデメリットについて触れていきたいと思います。
矯正装置は多種ありますが、歯に装着するワイヤーやマウスピースを治療で使用する場合、装着時に違和感を感じてしまう恐れがあります。
時間と共にこれらの装置は慣れてきますが、はじめは違和感を感じてしまいストレスになってしまうこともあります。

特にワイヤーを治療で装着する場合は取り外しが基本的にはできないため、食事などをする際に食べ物が食べづらかったりワイヤーに挟まってしまったりする恐れがあります。
また食後に歯磨きをする際にも違和感やワイヤーに挟まった食べ物を取ることに苦戦してしまうことがあるため注意が必要になります。
装置が外れないようにするため食べ物には制限が伴うこともあります。

治療の進み具合には個人差がある

次にデメリットとして思うように治療がいかない場合があるということが挙げられます。
歯の成長や顎の成長は個人差があります。
全員が同じ速度で成長していくというわけではありません。
そのため矯正歯科を開始する前には必ず治療の計画を立てますが、実際に治療が始まると計画通りに進まない場合があります。
歯科矯正に関しては治療を始めてみないと分からない部分もあるため、計画通りに進まないと医師の方で判断された場合には計画の変更が行われることもあります。

また治療が思うように進まないことだけでなく予定以上に順調に進むことも中にはあります。
そのため治療をしている最中に治療期間がさらに延長になったり短縮になったりと治療期間にも変更が生じる場合があります。


この記事をシェアする